身体の記憶

身体の記憶

気になった部位に手を当てるとそこから感情が流れてきた。

なるほど、身体は感情を受け止め記憶している。

今は解決したと思っていても、ある部分がその時の感情や経験を受け止めてくれている。

それが淀みとなって滞りとなり歪みを生じて病の基になりうる。

人間って凄いなぁ。

仕組みって凄いなぁ。

生命って凄いなぁ。

『声なき声を聴く』

これからもご縁ある方一人一人の命に真剣に向き合う治療家として生きるべし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA